あすはひのきになろう

ライトノベルを中心にいろんなコンテンツの感想を記録していきたいブログ

佐々木とピーちゃん 異世界でスローライフを楽しもうとしたら、現代で異能バトルに巻き込まれた件 ~魔法少女がアップを始めたようです~/ぶんころり(MF文庫J)【感想】

 

2022年11月27日読了。

 

あらすじ

ペットショップで購入した可愛い文鳥異世界から転生してきた賢者様だった


佐々木がペットショップで購入した文鳥は、異世界から転生した高名な賢者様だった。
可愛らしい賢者様に世界を超える機会と強力な魔法の力を与えられ、佐々木は異世界へと現代の物品を持ち込んで商売を開始。
世界間貿易でお金を稼ぎ、魔法の訓練をして、美味しい物を食べまくる――そんな悠々自適なスローライフを目指してみるも、ある日のこと、会社からの帰り道で佐々木は異能力者と遭遇する。
賢者印の魔法で異能バトルを切り抜けるが、その実力を見込まれて内閣府超常現象対策局という異能管理組織からスカウトされ、晴れて転職先が決定してしまい……?
異世界ファンタジーに異能バトルに年の差ラブコメ(?)。
さらには魔法少女、ご近所JC、同僚JK、貴族、ロリババア、王子etc...属性ジャンル全部乗せでお贈りする、アラフォーリーマン佐々木&文鳥賢者ピーちゃんコンビの異世界現代日本行ったり来たり物語。
MF文庫Jが放つ単行本として、遂に登場!

出典:https://mfbunkoj.jp/product/sasaki_pichan/entry-9988.html

 

続きを読む

異修羅VI 栄光簒奪者/珪素(電撃の新文芸)【感想】

 

2022年11月26日読了。

 

あらすじ

黄都の大敵と化したアルスを、逸脱の修羅たちが迎え撃つ――。

 冬のルクノカに敗れ、地の底へ堕ちた星馳せアルス。
 ――だが彼は生きていた。
 アルスは半身を機械に変えてなお、さらなる財宝を求め黄都を襲撃する。
 無限の形をとる泥。敵を自動追尾し焼き尽くす炎。あらゆる攻撃を無効化する盾。無数の魔具が破壊の限りを尽くす。

 約定に従い、これを討つべく逸脱の修羅たちが結集するとき――都市は炎上し、屍山血河の光景が広がる。

 全員が最強、全員が英雄、一人だけが勇者。シリーズ最大級の乱戦が幕を開ける。

出典:https://dengekibunko.jp/product/ishura/322109000050.html

 

続きを読む

ピザ宅配探偵の事件簿 謎と推理をあなたのもとに/猫森夏希(宝島社文庫)【感想】

 

2022年11月25日読了。

 

あらすじ

デリバリーの時代に起こる数々の殺人事件。

暴くのは宅配ピザの配達員!?

このピザ屋には、秘密がある

このミステリーがすごい!』大賞シリーズ

宅配ピザの常連客が強盗に殺され、容疑者の元配達員も死んだ。盗まれた金品はどこにいった? (第1話)オンライン越しに見えた同僚の恋人は、殺人犯として指名手配された男にそっくりで……。(第2話)マンションで起きた殺人事件。被害者の口元からは、つけていたはずのマスクが消えていた。(第3話)行く先々で事件に遭遇するピザ配達員が、美味しいピザと共に華麗な推理を披露する連作短編集!

出典:https://tkj.jp/book/?cd=TD030368&path=&s1=

 

続きを読む

その殺人、本格ミステリに仕立てます。/片岡翔(光文社)【感想】

 

2022年11月22日読了。

 

あらすじ

トリックがバレた? え、探偵役も死んだ?
ご安心を。私は名探偵の生まれ変わりです!
この場を「本格ミステリ」に仕立ててみせます!

音更風゛(おとふけぶう)は、「館」シリーズ全十作で知られるミステリ作家の一家にメイドとして就職した。だが一族は揃って不仲で、後を継ぐ兄妹間で殺人計画が持ち上がっている。風゛は殺人を止めるべく、計画を請け負った男・豺(やまいぬ)に接触し、死者を出さない「新・殺人計画」を考案。しかし計画当日、二人を嘲笑うかのように予想外の人物が殺されてしまい……。
「館」という閉鎖空間で起こる殺人事件――。本格ミステリの「王道」を逆手に取った怒濤の展開は全ミステリファン必見!

出典:https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334914752

 

続きを読む

パン焼き魔法のモーナ、街を救う/T・キングフィッシャー/原島文世 訳(ハヤカワ文庫FT)【感想】

 

2022年11月19日読了。

 

あらすじ

ネビュラ賞ローカス賞など5賞受賞の 異世界ファンタジイ

魔法使いがそんなには珍しくない世界。パン屋で働く14歳のモーナも、パンをうまく焼いたり、クッキーにダンスさせたりと、パンと焼き菓子限定のちょっとした魔法を使えた。そのモーナが、ある日知らない女の子の死体を見つけてしまう! そのうえ、陰謀に巻きこまれ、敵の軍勢が攻めてきたとき、魔法使いはモーナただ一人! 街を守れだなんて、どうしたらいい!? ネビュラ賞ローカス賞など5賞受賞の話題のファンタジイ

出典:https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000015216/

 

続きを読む

廃遊園地の殺人/斜線堂有紀(実業之日本社)【感想】

 

2022年11月16日読了。

 

あらすじ

失われた夢の国へようこそ
この推理、未体験ゾーン。

『楽園とは探偵の不在なり』(早川書房)で2020年ミステリランキング続々ランクイン!
新世代の旗手が紡ぐ今年度の大本命!待望の本格ミステリ長編!

プレオープン中に起きた銃乱射事件のため閉園に追い込まれたテーマパーク・イリュジオンランド。
廃墟コレクターの資産家・十嶋庵(としまいおり)はかつての夢の国を二十年ぶりに解き放つ。
狭き門をくぐり抜け、廃遊園地へと招かれた廃墟マニアのコンビニ店員・眞上永太郎(まがみえいたろう)を待っていたのは、『このイリュジオンランドは、宝を見つけたものに譲る』という十嶋からの伝言だった。
それぞれに因縁を抱えた招待客たちは宝探しをはじめるが、翌朝串刺しになった血まみれの着ぐるみが見つかる。
止まらない殺人、見つからない犯人、最後に真実を見つけ出すのは……

2021年最注目の俊英による廃墟×本格ミステリ

出典:https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-53793-1

 

続きを読む

écriture 新人作家・杉浦李奈の推論 IV シンデレラはどこに/松岡圭祐(角川文庫)【感想】

 

2022年11月11日読了。

 

あらすじ

事件の鍵は本の中にあり――。新感覚のビブリオミステリ!
中堅・グライト出版が大々的に売りだした新人作家REN。刊行した作品が女子中高生を中心に次々ベストセラーになるが、既刊からのパクり問題が浮上しブームは突如として失速。出版界の事件を解決してきた李奈には、被害作家からの相談が寄せられる。自著からの盗作も判明し、頭を悩ませる中、別の難題も抱えていた。「シンデレラの原典を探れ」という不可解なメールが届いたのだ。送り主の意図、そしてその正体は一体……!?

出典:https://www.kadokawa.co.jp/product/322201000357/

 

続きを読む

人間みたいに生きている/佐原ひかり(朝日新聞出版)【感想】

 

2022年11月10日読了。

 

あらすじ

食べることそのものに嫌悪を覚えている女子高生・三橋唯。「食べること」と「人のつながり」はあまりに分かちがたく、孤独に自分を否定するしかなかった唯が初めて居場所を見つけたのは、食べ物の匂いがしない「吸血鬼の館」だった──。

出典:https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23746

 

続きを読む

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん4.5 Summer Stories/燦々SUN(角川スニーカー文庫)【感想】

 

2022年11月10日読了。

 

あらすじ

アーリャさん達の煌めく夏物語が描かれた番外編!

 新たな恋のはじまりを予感させた夏合宿。しかし、アーリャさん達の夏はまだまだ終わらない!
――有希の催眠術で政近が溺愛系イケメンに?予想外のスキンシップに妹と従者は悶絶寸前!――アーリャさんの激辛修行、向かったラーメン屋には意外な人物がいて?――妹に可愛い水着を着させたい!欲望全開な姉に巻き込まれたアーリャさんが着せ替え人形に!?――強くて美しいお姉様、あのカップルの馴れ初めエピソード――
 生徒会メンバー達の煌めく夏物語が描かれた番外編!
【さーくん。もう、会えないのかな……】
そして約束の場所で運命の相手を待つ彼女の想いが今、明かされる――。

出典:https://sneakerbunko.jp/product/roshidere/322203002217.html

 

続きを読む

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 6/甘岸久弥(MFブックス)【感想】

 

2022年11月9日読了。

 

あらすじ

友の命の危機――魔導具師としてダリヤはどう立ち向かう!?
貴族との取引も増え、ますます活躍の場を広げていく女性魔導具師のダリヤ。
そんな彼女のもとを、友人の美容師イルマの夫であるマルチェラが訪れる。イルマが多すぎる魔力を持つ子供をその身に宿したことで「魔力過多症」となり、命の危機にあるのだった。しかし、子供を諦めるという選択をかたくなに拒むイルマを見て、ダリヤは友人として、魔導具師として、必ず二人とも救うと決意する。
築いてきた人脈、魔導具師としての技術、すべてをもってイルマを助けるための魔導具制作に臨むダリヤ。しかし、一筋縄ではいかぬその魔導具制作には、“彼女と似た性質の魔力を持つ”魔導具師の協力が不可欠だった。彼女が思い当たった魔導具師とは――。
魔導具師ダリヤのものづくりストーリー、決別と進歩の第六弾、開幕!

出典:https://mfbooks.jp/product/dariya/322012000918.html

 

続きを読む