あすはひのきになろう

ライトノベルを中心にいろんなコンテンツの感想を記録していきたいブログ

死亡遊戯で飯を食う。/鵜飼有志(MF文庫J)【感想】

 

2023年1月25日読了。

 

あらすじ

第18回MF文庫Jライトノベル新人賞《優秀賞》受賞作


【二語十(『探偵はもう、死んでいる。』)&竹町(『スパイ教室』)解説収録!】

目を覚ますと、私は見知らぬ洋館にいた。
メイド服を着せられて、豪華なベッドに寝かされていた。

寝室を出て、廊下を歩いた。
食堂の扉を開けると、そこには五人の人間がいた。
みな一様に、私と同じくメイド服を着せられていて、少女だった。

〈ゲーム〉の始まりだった。
吹き矢、丸鋸、密室に手錠、そして凶器の数々。人間をあの世にいざなうもので満ち満ちている、そこは〈ゴーストハウス〉。
館に仕掛けられたトラップのすべてをくぐり抜けて脱出するしか、私たちの生き残る道はなかった。絶望的な現実に、少女たちは顔色を悪くする――

――ただ一人、私だけを除いて。

なぜかって? そりゃあ――私はこれが初めてじゃないから。

プレイヤーネーム、幽鬼《ユウキ》。十七歳。
自分で言うのもなんだけど、殺人ゲームのプロフェッショナル。メイド服を着て死の館から脱出を図ったり、バニーガール姿でほかのプレイヤーと殺し合ったり、そんなことをして得た賞金で生活している人間。

どうかしてるとお思いですか?
私もそう思います。
だけど、そういう人間がこの世にはいるんですよ。
おととい励まし合った仲間が、今日は敵になる。
油断すれば後ろから刺され、万全を尽くしたとしても命を落とすことがある――
そんな、死亡遊戯で飯を食う、少女が。

出典:https://mfbunkoj.jp/product/shibouyugi/322207001275.html

 

続きを読む

ストライクフォール/長谷敏司(ガガガ文庫)【感想】

 

2023年1月23日読了。

 

あらすじ

SF界の俊英、ガガガ文庫に電撃参戦!

近未来、人類は宇宙に進出し、惨禍のはてに戦争をやめた。
……いや、正確には、形を変えた。

代理戦争として発展した宇宙競技、ストライクフォール。
広大な宇宙をフィールドに、敵のリーダーを屠るべく戦うチーム闘技に人々は熱狂した。

万能の泥、チル・ウエポンによって作られたストライクシェルに身をつつみ、プレイヤーたちは宙を駆ける。
故郷のため、栄誉のため、家族のため、あるいは己が夢のために……。

鷹森雄星も、ストライクフォールに魅せられたひとりだ。
弟は、トップリーグでのプロデビューが決まった若き天才、鷹森英俊

幼なじみの環のやさしさに見守られながらも、雄星は宇宙を目指すが――。

「知ってるか、兄貴。宇宙では、あらゆるものが落ちている最中なんだ。
――落ち続けるなら、オレはほしいものを手に入れる」

なら、翔ぶ。翔んで、宇宙に手を伸ばす。

これは、宇宙を「掴む」兄弟の物語。

SF界の俊英が放つ新たなライトSFエンタテイメント!

出典:https://www.shogakukan.co.jp/books/09451614

 

続きを読む

SICK -私のための怪物-/澱介エイド(ガガガ文庫)【感想】

 

2023年1月21日読了。

 

あらすじ

身を焦がす戦慄を力に、少女は恐怖を殺す。

「あなたを絶対に、ひとりぼっちにだけはさせないから」
少女はそう言って、幼い少年の手を取った。その約束が、いずれ最悪の形で破られてしまうとも知らずに――

〈ゾーン〉と呼ばれる精神世界に侵入できる異能を持つ叶音と逸流は、精神に巣食い恐怖症をもたらす概念生命体フォビアを殺す仕事を請け負っていた。彼女達の所に、視線恐怖症を患った少女が助けを求めにやってくる。
少女の〈ゾーン〉に潜った叶音が遭遇したのは、物語によって恐怖を育てる謎の奇術師。戦いの最中、奇術師は叶音に問いかける。
「あなたは目を背けていますね? おぞましい自分の過去から」
精神世界での激しい戦いは叶音の精神を摩り減らし、やがて彼女がひた隠しにしていた真実を暴き出していく。心が壊れ、正気を失い、戦いは絶望と恐怖にまみれた混沌の領域へと踏み込んでいく。

戦慄を力に変えて恐怖を殺す、ダーク・サイコアクション

出典:https://www.shogakukan.co.jp/digital/094530880000d0000000

 

続きを読む

見上げるには近すぎる、離れてくれない高瀬さん/神田暁一郎(GA文庫)【感想】

 

2023年1月19日読了。

 

あらすじ

身長差20センチ――だけど距離感0センチ

「自分より身長の低い男子は無理」
低身長を理由に、好きだった女の子からフラれてしまった下野水希。
すっかり自信を失い、性格もひねくれてしまった水希だが、そんな彼になぜかかまってくる女子がいた。
高瀬菜央。誰にでも優しくて、クラスの人気者で――おまけに高身長。傍にいるだけで劣等感を感じる存在。
でも、大人びてる癖にぬいぐるみに名前つけたり、距離感考えずにくっついてきたりと妙にあどけない。
離れてほしいはずなのに。見上げる彼女の素顔はなんだかやけに近く感じて。
正反対な二人が織りなす青春ラブコメディ。身長差20センチ――だけど距離感0センチ。

出典:https://ga.sbcr.jp/product/9784815616304/

 

続きを読む

悪役令嬢レベル99 その2 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~/七夕さとり(カドカワBOOKS)【感想】

 

2023年1月17日読了。

 

あらすじ

魔王より強い裏ボス令嬢、今度は領地改革に(※力業で)挑む!!

悪役ならぬ裏ボス令嬢として転生しながら、ひとまず無事魔王を倒し、学園を卒業した私。だが、治めるべき領地は両親のせいで荒れ放題。これは私が領地のためにひと肌脱ぐしか――え、被害が拡大するからやめろ?

出典:https://kadokawabooks.jp/product/akuyakureijou-level99/321907000286.html

 

続きを読む

後宮の烏 5/白川紺子(集英社オレンジ文庫)【感想】

 

2023年1月14日読了。

 

あらすじ

この秋、宮中は慶事に沸いた。
高峻は寿雪を救い出すため、もっとも険しい道を選び、進んでいく。この秋、宮中は慶事に沸いた。同じ頃、先の騒動の影響で夜明宮は、ひっそりと静まり返っていた……。烏妃はひとりで在るもの。先代、烏妃の戒めが、寿雪の胸を刺す。だが寿雪は、抱えたものを守り通すため、突きつけられた烏妃としての切ない運命(さだめ)に対峙することを決めて――。激動の第五弾!

出典:http://orangebunko.shueisha.co.jp/book/4086803534

 

続きを読む

原因において自由な物語/五十嵐律人(講談社)【感想】

 

2023年1月13日読了。

 

あらすじ

謎を解かなければ。
私は作家なのだから。

人気作家・二階堂紡季には、
誰にも言えない秘密があった。
露呈すれば、すべてを失う。
しかし、その秘密と引き換えにしても、
書かねばならない物語に出会ってしまい――。

デビュー作『法廷遊戯』が、ミステリランキングを席捲! 注目の弁護士作家第3作!

出典:https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000352022

 

続きを読む

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん [Disc 2]/恵ノ島すず(カドカワBOOKS)【感想】

 

2023年1月9日読了。

 

あらすじ

破滅の元凶と直接対決! ゲーム実況が導くエンディングの行方は……!?


神々の実況で【ツンデレ】を知ったジークは婚約者の可愛さに悶え、誓った。彼女の命を奪う【古の魔女】を許さない。そこでその討伐のため最高戦力を結集したはいいが、なぜかリーゼロッテ本人まで戦う気満々で……?

出典:https://kadokawabooks.jp/product/tundereakuyakureijo/321810000785.html

 

続きを読む

人間不信の冒険者たちが世界を救うようです 1 ~最強パーティー結成編~/富士伸太(MFブックス)【感想】

 

2023年1月7日読了。

 

 

あらすじ

最高のパーティーメンバーは、人間不信の冒険者!?
その日、歴戦の冒険者パーティーに所属していたニックは、父のように慕っていたリーダーから追放を言い渡された。だらしない仲間たちのため、金勘定や知識面などで彼らを支えていたにもかかわらず、横領の濡れ衣を着せられて。
恋人にもフラれ、すっかり落ちぶれてしまったニックだったが、偶然にも酒場で相席になった元貴族令嬢、破門神官、女竜戦士と意気投合する。
三人もまた誰かに裏切られて、人を信じられなくなった冒険者たちだったのだ!
誰も信じられない者同士だからこそ、共にやっていけると考えたニックたちは、生き残っていくために冒険者パーティーを結成する。
「それじゃあ、オレたちはこれから【サバイバーズ】ってことでどうだ?」
人間不信の冒険者たちが、最強のパーティーとして歩む冒険譚、ここに開幕!

出典:https://mfbooks.jp/product/hdis/321905000721.html

 

続きを読む

「ライトノベル人気投票『好きラノ』2022年下期」 に参加します

 「えっ、全然新作読んでないのに参加するですか!?」という声が聞こえてきそうですが、いや、それでも良かった作品は応援したから許して……。ちなみに上期はこちら。10作品まで投票できますが、そもそも読んだ下期の新作が10作に届くかどうかといった有様なので、投票するのは5作品です。

 順番は読了順です。面白かった順とかではないです。

 

1.最強にウザい彼女の、明日から使えるマウント教室/吉野憂(ガガガ文庫

 

【22下ラノベ投票/9784094530872】

 「マウント」というともすればイラッとしてしまいそうな題材を、徹頭徹尾くだらない笑いに変えてくれる大変楽しいコメディでした。昔から言ってますが、文章で人を笑わせるのってなかなかできることじゃないと思うので、コメディ作品はもっとフィーチャーされても良いと思うんですよね。

個別感想:

最強にウザい彼女の、明日から使えるマウント教室/吉野憂(ガガガ文庫)【感想】 - あすはひのきになろう

2.となりの悪の大幹部!/佐伯庸介(電撃文庫

 

【22下ラノベ投票/9784049143355】

 ヒーローと怪人がモチーフのホームコメディ。ラブコメとバトルというラノベに欲しい要素を兼ね備えた、よくまとまった作品だったと思います。

個別感想:

となりの悪の大幹部!/佐伯庸介(電撃文庫)【感想】 - あすはひのきになろう

3.朝比奈さんの弁当食べたい 1/羊思尚生(HJ文庫

 

【22下ラノベ投票/9784798628653】

 これすごく良かったですね。シリアスな家庭環境を描きながらも弁当というモチーフを巧みに扱い、登場人物同士が心を通わせる様子に心打たれました。2巻刊行も決まったようで、もっともっと評価されるべき作品だと思います。

個別感想:

朝比奈さんの弁当食べたい 1/羊思尚生(HJ文庫)【感想】 - あすはひのきになろう

4.琥珀の秋、0秒の旅/八目迷(ガガガ文庫

 

【22下ラノベ投票/9784094530865】

 今年は『夏へのトンネル、さよならの出口』が劇場アニメ化した作者による新作。時間が止まった世界でのボーイミーツガール。ロードムービーとしての楽しさもしっかりありつつ、青春ものとしての満足度が高かったです。

個別感想:

琥珀の秋、0秒の旅/八目迷(ガガガ文庫)【感想】 - あすはひのきになろう

5.聖女ヴィクトリアの逡巡 アウレスタ神殿物語/春間タツキ(角川文庫)

 

【22下ラノベ投票/9784041124925】

 ファンタジーミステリ。かっちりした構成がキャラの魅力も引き出しているように感じられました。分量としては比較的短めながらも駆け足感なくまとめ上げる手つきは地力の高さを感じます。

個別感想:

聖女ヴィクトリアの逡巡 アウレスタ神殿物語/春間タツキ(角川文庫)【感想】 - あすはひのきになろう

 

 来年というか今年は環境も変わるのでどれくらい読書ができるのか未知数ですが、そもそも過去に買った本を大量に積み残しているという……。なるべく意識して新作を読むようにしたいですね……。