あすはひのきになろう

ライトノベルを中心にいろんなコンテンツの感想を記録していきたいブログ

一般文芸感想

新 謎解きはディナーのあとで/東川篤哉(小学館)【感想】

新 謎解きはディナーのあとで 作者:東川篤哉 小学館 Amazon 2022年5月14日読了。 あらすじ 執事探偵×令嬢刑事のミステリ、新章始動!本屋大賞第1位&シリーズ累計420万部突破の国民的ユーモアミステリ、待望の新章スタート!!宝生麗子の後輩に天然キャラ…

この本を盗む者は/深緑野分(KADOKAWA)【感想】

この本を盗む者は【電子特典付き】 (角川書店単行本) 作者:深緑 野分 KADOKAWA Amazon 2022年3月30日読了。 あらすじ 森見登美彦さん推薦。本の魔力と魅力を詰め込んだ、空想の宝箱!「ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!」書物の蒐集…

錬金術師の密室/紺野天龍(ハヤカワ文庫JA)【感想】

錬金術師の密室 (ハヤカワ文庫JA) 作者:紺野 天龍 早川書房 Amazon 2022年3月22日読了。 あらすじ 錬金術が司る世界の謎は、論理で解けるのか。二度読み必至のファンタジー×ミステリ アスタルト王国軍務省錬金術対策室室長にして自らも錬金術師のテレサ・パ…

ジェリーフィッシュは凍らない/市川憂人(東京創元社)【感想】

ジェリーフィッシュは凍らない (創元推理文庫) 作者:市川 憂人 東京創元社 Amazon 2021年3月11日読了。読んだのは単行本版。 あらすじ 特殊技術で開発され、航空機の歴史を変えた小型飛行船〈ジェリーフィッシュ〉。その発明者であるファイファー教授を中心…

むかしむかしあるところに、死体がありました。/青柳碧人(双葉社)【感想】

むかしむかしあるところに、死体がありました。 作者:青柳 碧人 双葉社 Amazon 2022年2月22日読了。 あらすじ 【2020年 本屋大賞ノミネート作】昔ばなし、な・の・に、新しい!鬼退治。桃太郎って……え、そうなの?大きくなあれ。一寸法師が……ヤバすぎる!こ…

アメリカン・ブッダ/柴田勝家(ハヤカワ文庫JA)【感想】

アメリカン・ブッダ (ハヤカワ文庫JA) 作者:柴田 勝家 早川書房 Amazon 2022年2月20日読了。 あらすじ 人類の未来を問う。民俗学×SF作品集 アメリカ大陸で未曾有の災害が発生。取り残されたのは、仏教を信じ続けるインディアンだった。星雲賞受賞作を含む著…

愛じゃないならこれは何/斜線堂有紀(集英社)【感想】

愛じゃないならこれは何 (ジャンプジェイブックスDIGITAL) 作者:斜線堂有紀 集英社 Amazon 2022年2月13日読了。 あらすじ 斜線堂有紀のはじめての恋愛小説集。 『きみの長靴でいいです』天才ファッションデザイナー・灰羽妃楽姫は、二八歳の誕生日プレゼント…

デルタの羊/塩田武士(KADOKAWA)【感想】

デルタの羊 作者:塩田 武士 KADOKAWA Amazon 2022年2月12日読了。 あらすじ 『罪の声』『騙し絵の牙』映画化。一番新作が待たれる作家、2年ぶりの新刊製作委員会、制作会社、ゲーム、配信、中国、テクノロジー、コロナ後…… これが日本のアニメの“リアル”! …

線は、僕を描く/砥上裕將(講談社)【感想】

線は、僕を描く 作者:砥上 裕將 講談社 Amazon 2022年2月9日読了。 あらすじ 2020年本屋大賞第3位! 「ブランチBOOK大賞2019」受賞!「未来屋小説大賞」第3位「キノベス!2020」第6位 小説の向こうに絵が見える! 美しさに涙あふれる読書体験…

かがみの孤城/辻村深月(ポプラ社)【感想】

かがみの孤城 作者:辻村深月 ポプラ社 Amazon 2022年2月4日読了。 あらすじ あなたを、助けたい。 学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建…

M.G.H. 楽園の鏡像/ 三雲岳斗(徳間書店)【感想】

M.G.H.―楽園の鏡像 作者:三雲 岳斗 徳間書店 Amazon 2022年1月24日読了。 あらすじ 無重力空間に浮遊する「墜落死体」の謎。第1回日本SF新人賞を受賞した本格SFミステリーの傑作を加筆修正し、刊行。 出典https://www.tokuma.jp/book/b584442.html ※上…

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論/松岡圭祐(角川文庫)【感想】

ecriture 新人作家・杉浦李奈の推論 (角川文庫) 作者:松岡 圭祐 KADOKAWA Amazon 2022年1月20日読了。表紙・背表紙・奥付タイトルはアクセント記号つきの『écriture 新人作家・杉浦李奈の推論』。 あらすじ 新進気鋭の作家に盗作疑惑!? 発覚後は失踪――ラノ…

Ank: a mirroring ape/佐藤究(講談社)【感想】

Ank: a mirroring ape 作者:佐藤 究 講談社 Amazon 2021年12月31日読了。 あらすじ 2026年、多数の死者を出した京都暴動(キョート・ライオット)。ウィルス、病原菌、化学物質、テロ攻撃の可能性もない。人類が初めてまみえる災厄はなぜ起こったのか。発端…

ミッキーマウスの憂鬱ふたたび/松岡圭祐(新潮文庫)【感想】

ミッキーマウスの憂鬱ふたたび(新潮文庫) 作者:松岡圭祐 新潮社 Amazon 2021年12月2日読了。 あらすじ 東京ディズニーランドで清掃のアルバイトをしている、永江環奈。ある日、彼女はテーマパークの顔として活躍するアンバサダーになれることを知り、挑戦…

流浪の月/凪良ゆう(東京創元社)【感想】

流浪の月 作者:凪良 ゆう 東京創元社 Amazon 2021年11月21日読了。 あらすじ あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。 出典:h…

推理大戦/似鳥鶏(講談社)【感想】

推理大戦 作者:似鳥鶏 講談社 Amazon 2021年11月10日読了。 あらすじ 日本のある富豪が発見したという「聖遺物」。世界的にも貴重なその「聖遺物」を手に入れるため、世界中のカトリックそして正教会は、威信と誇りをかけ「名探偵」を探し始めた。いったい、…

おさがしの本は/門井慶喜(光文社)【感想】

おさがしの本は (光文社文庫) 作者:門井 慶喜 光文社 Amazon 2021年11月8日読了。 あらすじ 和久山隆彦の職場は図書館のレファレンス・カウンター。利用者の依頼で本を探し出すのが仕事だ。だが、行政や利用者への不満から、無力感に苛まれる日々を送ってい…

お人好しの放課後 御出学園帰宅部の冒険/阿藤玲(創元推理文庫)【感想】

お人好しの放課後 (御出学園帰宅部の冒険) (創元推理文庫) 作者:阿藤 玲 東京創元社 Amazon 2021年11月6日読了。 あらすじ 授業が終われば速やかに帰宅し、成績は平均以上、通学区域で社会奉仕をすべし──帰宅部といっても佐々木幸弘が入学した御出学園の場合…

新本格ミステリを識るための100冊 令和のためのミステリブックガイド/佳多山大地(星海社新書)【感想】

新本格ミステリを識るための100冊 令和のためのミステリブックガイド (星海社新書) 作者:佳多山 大地 星海社 Amazon 2021年10月28日読了。 内容 <新本格ミステリ>がこの一冊で解る! 令和にミステリ入門を志すあなたへ捧げる決定版ブックガイド! 本格ミス…

ベーシックインカム/井上真偽(集英社)【感想】

ベーシックインカム (集英社文芸単行本) 作者:井上真偽 集英社 Amazon 2021年10月19日読了。 あらすじ 遺伝子操作、AI、人間強化、VR、ベーシックインカム。未来の技術・制度が実現したとき、人々の胸に宿るのは希望か絶望か。美しい謎を織り込みながら、来…

目を見て話せない/似鳥鶏(KADOKAWA)【感想】

目を見て話せない 作者:似鳥 鶏 KADOKAWA Amazon 2021年10月14日読了。 あらすじ 推理はできるけど、会話はできない。探偵界に異色のニューヒーロー誕生!?藤村京はいわゆるコミュ障。対面で人と喋ることが苦手だ。大学入学早々、友達作りに出遅れ落ち込んで…

時空旅行者の砂時計【感想】

時空旅行者の砂時計 〈竜泉家の一族〉シリーズ 作者:方丈 貴恵 東京創元社 Amazon 2021年10月日読了。 あらすじ 瀕死の妻のために謎の声に従い、2018年から1960年にタイムトラベルした主人公・加茂。妻の祖先・竜泉家の人々が殺害され、後に起こった土砂崩れ…

ニキ【感想】

ニキ 作者:夏木志朋 ポプラ社 Amazon 2021年10月3日読了。 あらすじ 高校生・田井中広一は黙っていても、口を開いても、つねに人から馬鹿にされ、世界から浮き上がってしまう。そんな広一が「この人なら」と唯一、人間的な関心を寄せたのが美術教師の二木良…

卒業タイムリミット【感想】

卒業タイムリミット 作者:辻堂 ゆめ 双葉社 Amazon 2021年9月29日読了。 あらすじ 私立高校で人気女性教師が誘拐され、72 時間後に始末するとネット動画で予告された。3年生の黒川のもとに「誘拐の謎を解け。真相は君たちにしか分からない」と挑戦状が届く。…

消失グラデーション【感想】

消失グラデーション 作者:長沢 樹 角川書店(角川グループパブリッシング) Amazon 2021年9月28日読了。 あらすじ 横溝正史没後30年目に現れた衝撃の傑作!とある高校のバスケ部員椎名康は、屋上から転落した少女に出くわす。しかし、少女は忽然と姿を消した!?…

シャガクに訊け!【感想】

シャガクに訊け! 作者:大石 大 光文社 Amazon 2021年9月24日読了。 あらすじ 社会学部一人気のない“上庭ゼミ”に入った松岡えみるは、上庭先生の学生相談室の補佐をすることに。サークル内の友人関係に悩んでいるえみるは、学生たちの人間関係の悩みに親身に…

NO推理、NO探偵?【感想】

NO推理、NO探偵? (講談社ノベルス) 作者:柾木政宗 講談社 Amazon 2021年9月24日読了。 あらすじ メフィスト賞史上最大の問題作!!私はユウ。女子高生探偵・アイちゃんの助手兼熱烈な応援団だ。けれど、我らがアイドルは推理とかいうしちめんどくさい小…

medium 霊媒探偵城塚翡翠【感想】

medium 霊媒探偵城塚翡翠 作者:相沢沙呼 講談社 Amazon 2021年8月25日読了。核心的なネタバレは含みませんが、初読時の楽しさを損なう可能性があります!十分ご注意下さい。 あらすじ ★★★★★五冠獲得! ★第20回本格ミステリ大賞受賞★このミステリーがす…

日本SFの臨界点[恋愛篇]──死んだ恋人からの手紙【感想】

日本SFの臨界点[恋愛篇] 死んだ恋人からの手紙 (ハヤカワ文庫JA) 早川書房 Amazon 2021年8月23日読了。 あらすじ 『なめらかな世界と、その敵』著者の新企画! 『なめらかな世界と、その敵』の著者・伴名練が、全力のSF愛を捧げて編んだ傑作アンソロジ…

日本SFの臨界点[怪奇篇]──ちまみれ家族【感想】

日本SFの臨界点[怪奇篇] ちまみれ家族 (ハヤカワ文庫JA) 早川書房 Amazon 2021年8月6日読了。 あらすじ 日本SFは、ここまで奥が深い。 「2010年代、世界で最もSFを愛した作家」と称された伴名練が、全身全霊で贈る傑作アンソロジー。日常的に血まみ…